×

close

山梨リハビリテーション病院 リハ看護
最新のお知らせ

リハビリ看護師 山梨リハビリテーション病院

当院は回復期リハビリテーション専門病院で、3病棟すべてが回復期リハビリテーション病棟です。回復期リハビリテーション病棟の役割は、早期より重症度の高い患者さんを受け入れ、チームで計画的にリハ・ケアを実践し改善を図り、在宅復帰へ繋げることです。
リハ看護の専門的機能として、「セルフケアの確立」「退院に向けたケア計画」「多職種との連携」「社会参加への支援」が重要なカテゴリーと言われています。看護師は、リハ看護の専門的機能を最大限発揮できるように日々研鑽しています。そして、多職種と連携し、協働して患者さんにリハ・ケアを提供し自立を支援して社会の一員として再び地域で生活できるように援助しています。

看護師紹介

看護部の理念 山梨リハビリテーション病院

1.患者一人ひとりの苦悩を心から理解し、科学的な根拠をもとにその時その人のニーズに合わせた看護を提供する
2.看護実践を通じ、看護職員一人ひとりの成長を期する

看護部の目標 山梨リハビリテーション病院

1.リハビリテーション看護の基礎の理解と実践
2.根拠に基づいた看護実践の評価ができる
3.チーム医療の充実

教育活動 山梨リハビリテーション病院

リハビリテーション看護は「対象自身が自分の健康状態(障害の程度)にあった生活を自立して送るために、その時々の対象のニーズに応じた支援(身体的・精神的・社会的)をすること」です。
回復期リハビリテーション病棟では、患者のニーズの理解と日常生活動作の支援を中心とした看護の提供と退院後の生活を見据えた多職種連携によるチーム医療が必要です。
そのためリハビリテーション看護の専門性を高め、質の高い看護実践能力を有する看護師の育成に向けて、一人ひとりの成長を期した教育を行っています。

教育活動

◆新人教育

教育活動

◆通年採用者教育

教育活動

◆継続教育

■院内教育
 ・回復期リハビリテーション看護研修(PT・OT・ST)
 ・疾患についての研修
 ・看護必要度研修
 ・認定看護師による研修(回復期リハビリテーション・認知症看護)
 ・オンデマンド研修
 ・看護研究

■OT院内研修風景

  • OT 院内研修 風景
  • OT 院内研修 風景

■院外教育
 ・各協会等の研修への参加
  回復期リハビリテーション病棟協会・日本看護協会・山梨県看護協会等
 ・山梨県実習指導者研修
 ・回復期リハビリテーション看護師認定コース研修

※H30年度 院外参加研修数:130 参加人数:延べ255人

復職支援プログラム 山梨リハビリテーション病院

当院では、結婚や育児、介護など、様々な理由で看護の仕事を離れた方のために復職支援プログラムを実施します。
「しばらく看護から離れていたけれどもう一度働きたい!」「ブランクがあるので復帰してもついていけるか自信がない・・」等、そんな不安を感じている方を応援・支援するプログラムです。
当院に限らず病院で働いてみたい方に、安心して職場復帰できるためのお手伝いをさせていただきます。是非ご利用ください。

プログラム詳細はこちら

認定看護師紹介 山梨リハビリテーション病院

◆認定看護管理者

看護師紹介 認定看護管理者
看護部長:加藤京子

◆回復期リハビリテーション看護認定看護師:8名

看護師紹介 認定看護師

上段 伊藤京子 若尾美枝 坂本瑞穂 藤江真由美
下段 田村ちひろ 金丸美智子 河野千鶴 池上玲子

回復期リハビリテーションの対象である患者さん・家族に対し、質の高い看護の提供を目指して、多職種と協働しチームアプローチを実践しています。

◆認知症看護認定看護師

看護師紹介 認知症看護認定看護師
中村まゆみ

認知症を有する患者さんとその家族の「想い」を大切にして、環境調整を行い、リハビリテーションが円滑に実施できるように支援しています。

メッセージ 山梨リハビリテーション病院

看護師紹介 メッセージ

○多様な勤務形態で仕事と子育てを両立です

 当院へ入職してから、3人の子供を出産し働いています。産後幼い子供がいてのフルタイム勤務は転職を考える人も少なくないと思います。しかし当院では正職員であっても、6歳までの夜勤免除、短時間勤務の制度があります。
私はこの制度を利用し正職員のまま働き続けられています。
また短時間勤務であっても、看護部の委員会活動を行っています。委員会活動もしっかり勤務時間内に配慮されていて、子育てをしながら働くには、環境の良い病院です。

隺田 三希

看護師紹介 メッセージ

○急性期からリハビリテーション看護を目指して

 当院は、以前勤めていた急性期病院と比較すると、患者様一人ひとりとじっくり関わることができ、嬉しく感じています。リハビリテーション看護では「できるADL」を「しているADL」に繋げられるよう支援することが大切だと学びました。また職場の人間関係はとても良く、笑顔の絶えない環境で働いています。分からないことがあればプリセプターナースをはじめ、先輩方が優しく指導してくれます。リハ看護の経験が少ない私にとって、こんな考え方もあるのだ!と新しい発見ができます。

牧野 麗美

○准看護師から奨学金制度を利用して看護師へ

 私は准看護師として就職をする予定でしたが、正看護師を目指したいと考え、進学の道を選びました。
病院からの奨学金制度があることを知り、お世話になった「山梨リハビリテーション病院」を思い出しました。
当院では、学生に対しての教育が熱心であり、回復期ということもあって、多職種との連携が非常に良く、当院で働きたいと思いました。
私には子供が2人いるので、奨学金制度を利用することによって、子育てと学業の両立が出来ています。2年間学業に励み正看護師を目指し、当院で働けることを目標に頑張りたいと思います。

深澤 江梨

リハビリ看護師 山梨リハビリテーション病院

  • 山梨リハビリテーション病院 保育施設 まごころ

保育時間 8:30~17:30 保育対象 0~5才 保育形態日・祝日 保育可

実習受入施設紹介師 山梨リハビリテーション病院

甲府看護専門学校(准看護学科) 外部リンク http://www.kofu-kango.ac.jp/